アレルケアの飲み方 1日2粒

【アレルケア】飲み方!1日2粒目安!噛むのもOK

アレルケアの飲み方

L-92乳酸菌配合の乳酸菌サプリメントのアレルケア。

 

 

まぁL-92乳酸菌の効果に期待して購入した人にとっては、期待が大きいと思いますけど。
アレルケアって結局乳酸菌サプリメントなんで。

 

飲み方って結構適当でもいいと自分は思っています。
1日2粒目安に、いつ飲んでもいいんですけど。
そんなものです。

 

 

アレルケアの粒は噛んで食べることもできます。

 

薬系なら水で飲むのが普通ですけど。
アレルケアは乳酸菌サプリメントですからね…。

 

 

乳酸菌は続けることが効果を実感するのに大事だとされています。

 

ようは、飲み方はどうでもいいから。
【1日2粒飲むことを忘れるな】
ってことかと。

 

 

 

 

 

噛んで食べても大丈夫?

アレルケアは水で飲むだけではなく、噛んで食べることもできます。
それを聞くと
「噛んで食べるって大丈夫か?」
と、噛んで食べると効果がないように感じますけど。
乳酸菌って目に見えないほど大量にいますから。

 

乳酸菌って何億って数字なので、噛んで食べても体の中に入っていくのだと思います。

 

 

普通の乳酸菌配合飲料でも1本で500億とか配合されています。

 

 

ヤクルト400が人気になっていますけど。
あれも1本で400億個の乳酸菌を配合していますからね。

 

 

アレルケアを噛んで食べたとしても、たしかに口内に乳酸菌が付着してしまうと思いますけど。
それなりの数が体内に入っていくのだと思います。

 

 

そして乳酸菌って数をアピールしているメーカーが多いですけど
【乳酸菌を沢山摂取すれば効果が高いなんて決まっていない】
です。

 

乳酸菌を沢山摂取すれば効果が高いのなら、1日でアレルケアを全部飲めば効果が高いことになりますよね。
でも1日2粒を目安という点からも、たくさん乳酸菌を摂取しても効果が高くなるわけではないんだと思います。

 

そういう点で噛んで食べてもいいのかと。
まぁ効果がどうこうではなく
「口内に乳酸菌を付着させるのが嫌だ」
という人は、噛んで食べるより水などで飲むことをおすすめします。

 

 

 

 

効果の高い飲み方

よく乳酸菌は
「食後に飲むと生きて乳酸菌が腸まで届きやすい」
と言われています。

 

食後は胃酸が弱まるので、生きて乳酸菌が腸まで届きやすいわけですね。

 

 

でもL-92乳酸菌というかアレルケアって、生きた乳酸菌なのかが不明なので…。
むしろ死菌が配合されているとか、どっかで見た気がします。

 

なので、食後にこだわらなくても良い気が…。
いや、生きた乳酸菌だったのなら、食後が理想なんですけど。

 

 

でも普通に考えれば、食後にアレルケアを飲む人が多いのでは?
食後に飲むようにしないと、忘れそうですからね。

 

 

飲む時間って決めたほうが忘れずにすみます。
なので、特にこだわりがない人は、食後にアレルケアを飲めばいいと思います。

 

もちろん、別の時間に飲んでもいいと思いますけど
「気が向いたときに飲めばいいや」
とか思っていると、飲み忘れてしまうことが多いので…。

 

アレルケアを自由に飲もうと思っている人は。
アレルケアは目のつきやすいところにおいておきたいところです。

 

 

アレルケアの効果は+αぐらいに考えて、健康によいことを積み重ねていきたいところです。
それがアトピーを治す近道になります。

 

逆にいえば、どんなにアレルケアを飲んでいても、私生活が不規則なら健康効果は薄いかと。
乳酸菌ってそんなものです。
薬ではないですからね。

 

 

結論になると、どんな飲み方でもいいから、続けることが大事ってことになるのかなぁ。
結局健康というものは、短時間で得るのではなく、断続というか気長に得るものなわけですよねぇ。

 

そりゃちょっとがんばっただけで、スポーツ選手と同等の体格を得られたりするほうが不条理ですよね。
逆にいえば、短期間で効果がでるものはNGだから、スポーツの世界でドーピングは認められていないわけですよね…。

 

最近の人はすぐに薬並みの効果を求める人が多いわけですけど。
なぜかスポーツの世界でドーピングと聞くと、悪いこと(もの)だとわかるのに。
薬の即効性には頼りたがる謎があります。

 

薬って毒を毒で制しているわけで、乳酸菌は効果が薄いですけど安全性が高いところがいいですよね。


ホーム RSS購読 サイトマップ