L92乳酸菌を妊婦が摂取しても安全か

【L92乳酸菌】妊婦さんが摂取しても安全?危険は原材料にある

L-92乳酸菌と妊婦

妊婦さんってデリケートな時期なので、ぶっちゃけ自分はあまり関わりたくなかったりします。

 

なぜかというと、やっぱり万が一にでも子供のあれこれで不幸があって。
その責任を
「あんたのせいだ!」
なんていわれたら、すごくショックじゃないですか。

 

実際
「あんたのせいだ」
なんて言われなくても、なにか妊婦さんに負担になるようなことをしてしまうと、気が重いですからね。
自分はネガティブ思考なんで。

 

いや、自分はネット民にはめずらしく(?)、普通に良心があるというか。
自分はネット民なんですけど、誇り高く生きようとしているんですよ!

 

 

と、そんな感じでL-92乳酸菌と妊婦さんの関係を考えるわけですけど。

 

 

そもそも妊娠中にL-92乳酸菌を無理に摂取する必要はないと思うんです。
いや、摂取してもいいんですよ。

 

でも本人が
「妊娠中にL-92乳酸菌を摂取しても大丈夫かしら」
とか思うぐらいなら、摂取しなければいいと思います。

 

L-92乳酸菌を摂取しなくても生きれますから!

 

 

こういうサプリメント系も、大手企業になると
「安全性は確認済みですがデリケートな時期なので妊娠中はおすすめしません。」
みたいなことを言っているところは多いですね。

 

カルピス社もアレルケアのQ&Aで
「妊娠期や授乳期はデリケートなお体の時期ですので、お勧めはしておりません。」
と明記しています。

 

 

まぁ大手メーカーは、万が一からの悪評のほうが怖いわけで。
せっかく積み上げてきたものが、ちょっとしたことでイメージ悪くなったりしますから。
自分と同じ(?)で、やっかいな人たちには関わりあいになりたくないところがあるのだと思います。
リスクが大きいといったほうがいいのかな。

 

 

小さいメーカーのほうが自社製品に対して
「安全だから妊婦さんが摂取しても大丈夫だよ」
というアピールをしていることが多い気がします。

 

なにかあっても、すぐにリセットできる感じなのかな…。
でもそこまでして製品を売りたいと思うのも、ある意味すごいな。

 

 

 

 

 

乳酸菌は基本副作用はない

乳酸菌は基本副作用がありません。

 

乳酸菌の中には、妊娠中に乳酸菌を摂取することで、生まれてくる子のアトピーの可能性を減らすというものもあります。
LGG乳酸菌ですね。

 

 

なので普通に考えれば、妊婦さんが乳酸菌を摂取しても大丈夫なんですよ。

 

 

でも乳酸菌だけを摂取するなんて不可能なんです。
乳酸菌は目に見えないほど小さいものであって、サプリメントでも粒の中に乳酸菌を閉じ込めているわけですね。

 

小さな粒1つに、何億個という乳酸菌が入っているわけです。

 

 

小さな粒ですけど、その粒も乳酸菌以外のものでできているわけです。
用は乳酸菌を摂取するのなら、乳酸菌と一緒にいろいろと口に含むことになります。

 

 

L-92乳酸菌を配合しているのは乳酸菌サプリメントのアレルケアがあります。

 

 

いや、アレルケアにもいろいろな種類があって。
1つ1つの原材料を見ていくのはめんどくさいので、やりませんけど。

 

一番代表的な普通のアレルケアの原材料だけ紹介すると…。

  • 麦芽糖
  • でんぷん
  • 乳酸菌
  • 植物油脂

こんな感じになります。

 

 

アレルケアでL-92乳酸菌を摂取するためには、これらの原材料を同時に摂取することになるわけですね。

 

植物油脂が気になりますけど、基本アレルケアの原材料には問題ないと思うんです。
ただ問題ないと思うのかどうかは、その人の判断になります。

 

 

ここがやっかいだと思うんですけど。
妊婦の人はすごくデリケートじゃないですか。

 

緑茶などに含まれているカフェインでさえも
「刺激があって危険だ!」
という人もいるわけで。
自分的にはそこまで敏感になられると、なにもいえない気がします。

 

いや、だって緑茶だぞ!?
カフェインを配合しているから緑茶は危険とかになると、かなり制限されると思います。

 

 

アレルケアだって、敏感な人になると
「植物油脂が使われているから危険!」
っていうかもしれません。

 

なのでそういうのは各自の判断になるわけですね。

 

いやそうなんですよ
「他のサイトで安全だといわれているから安全」
とかなら、自分は緑茶とか普通に安全だと思いますけど。

 

でも人によっては
「緑茶はカフェインを配合しているから危険!」
って感じになるわけでしょ。

 

 

つまり乳酸菌は安全。
これもまぁ自分の判断であって、人によっては
「乳酸菌もよくわからないから、なんか気持ち悪い!」
という人もいるかもしれません。

 

いや、もうそうなると話がすすまないので、乳酸菌は安全として。
乳酸菌は安全でも、乳酸菌だけを摂取することはできないので。
原材料をチェックして、各自で安全かどうかを判断しないといけないと思います。

 

 

そもそもL-92乳酸菌はアトピーに効果があると研究結果がでていますけど。
人によっては
「アレルケアには植物油脂が使われているからアトピーに悪い!」
なんていう人もいますからね。

 

まぁアトピーなんて
「ステロイドではないとアトピーは治らない」
「ステロイドではアトピーは治らない」
っていう人いる時点で、絶対はないんですよ。

 

 

 

 

 

守る働く乳酸菌はかなり厳しいのでは?

L-92乳酸菌を配合した製品に、守る働く乳酸菌L-92があります。

 

 

さっきの話でいくと、この守る働く乳酸菌は原材料の点でかなり厳しいと思うんです。

 

 

それは守る働く乳酸菌には、人工甘味料が配合されているからです。

 

 

  • アスパルテーム
  • アセスルファムカリウム

こういったものが配合されています。

 

追記になりますけど。
リニューアルされて、守る働く乳酸菌は人工甘味料は抜いた製品になったようですね。

 

なので人工甘味料が気になる人も、守る働く乳酸菌は大丈夫かもしれませんけど。
原材料で気になるものは人工甘味料だけとは限らないというか。

 

ぶっちゃけ自分は砂糖と人工甘味料なら、どちらが危険なのか判断できないと自分は思っていますからね。

 

これも人工甘味料を危険だと思う人にとっては、不安になるでしょ。
ネットでは人工甘味料を悪く言って
「人工甘味料なんて毒!」
な感じで、大暴走している人もいますからね。

 

 

ただここで砂糖と人工甘味料の比較とかしている余裕はないので。
各自で考えてほしいんですけど。

 

これも人工甘味料が危険だと思っている人にとっては
「人工甘味料が使われているから危険!」
となって、L-92乳酸菌は安全でも、他の原材料を危険視して無理だと思うんです。

 

 

ただ、ネットで人工甘味料について検索すると、人工甘味料を悪く言っているサイトがとても多いですから。
やっぱり不安になると思います。
だから人工甘味料を避けたいと思う妊婦さんは多いと思うんですよね。

 

まぁ自分から言わせてもらえば、人工甘味料が危険と言うのは確かだと思うんですけど。
人工甘味料が危険だから、砂糖が安全とか言っている人はちょっとヤバイと思います。
いや、あくまで自分がそう思うだけですけど。

 

だって人工甘味料と砂糖って関係ないじゃん。
両方安全な可能性もあれば、両方危険って可能性もあるわけで。
砂糖が健康に良いとか、そういうのは聞いたことがないですよね。

 

人工甘味料が危険なものだから、逆に砂糖は安全になるとか、そんなわけないでしょ。

 

 

だから原材料の1つ1つにこだわっていたら、妊婦さんはなにも食べれなくなってしまうと思いますよ。
カフェインとか、人工甘味料とか、そういう特定のものだけにこだわる人がいますけど。
そういう人は本末転倒になってしまっている気がします。

 

 

例を出すと太っている人はカロリー控えめな食べ物を選択しますけど。
カロリーが少ない食べ物を倍食べているようなら、どうにもならないというか。
カロリーが少なくても、無理して食べるよりは食べないほうが痩せるでしょ…。

 

太っている人はカロリーが少ないからといって、そんなに食べたくもないものを買うからダメなんですよ。
本当に食べたいものだけ買っていれば、そんなに太らないでしょ。

 

 

半額シールが貼っているから、普通なら買わないものを買ったりする人は多いと思います。

 

 

たしかにそれは安く買えましたけど
「半額だったからうまい」
とはならないんですよね。
半額でも定価で買っても、その物自体は変わらないわけです。

 

いや精神的なものは変わるので、その影響かなぁ。
ようはプラセボ効果なわけですね。

 

 

なのでそういう根本的なところを見失ってはいけないと思います。
「あのサイトでは安全だといっていたから安全」
「あのサイトでは危険だといっていたから危険」
とか思っていると、後々泣きを見ますよ。

 

ネットの情報なんて、話半分で信じないと身が滅びます。
もちろんこのサイトにも言えることなんですけどねぇ。

 

 

今回の記事を見ると
「じゃあ、カフェインとか人工甘味料とか安全なのかよ?」
といわれれば、知らないですよ。
健康に絶対とかはないと思いますから。

 

妊娠中にエナジードリンク(レッドブル系)を飲む人は
「頭どうかしているわ」
と思います。
いや、そりゃそうでしょ。

 

 

でも自分は男ですけど、もし女で妊娠したとしても、カフェインとか人工甘味料は。
過剰摂取には気をつけますけど、それほどこだわらないと思います。

 

なぜなら、それをこだわっていたら、なにも食べれなくなってしまうというか。
いちいち食べ物の原材料とかチェックしないといけないでしょ。

 

 

外食して
「この食べ物には人工甘味料を使っていますか?」
とか
「この食べ物の産地を教えてください。中国産は使っていますか?」
とかやっていたら、なんかもう限界があると思います。

 

もしカフェインとか、人工甘味料とか、中国産とか
「妊娠中は食べたらやばい」
と思っていたら、いろいろ食べた後に
「あのお菓子には人工甘味料が使われていた」
「あの食べ物の野菜は中国産だった」
とかわかったら、すごく後悔すると思います。
その精神的ストレスのほうが、よっぽど体に悪影響だと思うんです。

 

 

そもそも昔はそういうことを知らなくても、普通に子供を生んだりしていたわけで。
今の人は、情報を得られる分だけ、ストレスを溜めやすいところもあると思いますね。

 

 

話がずいぶんそれましたけど。
妊婦さんにL-92乳酸菌が安全なのかというと。
L-92乳酸菌自体は安全でも、L-92乳酸菌を摂取する製品の原材料を見て。
各自で安全かどうかを判断する必要があるってことですね。

 

 

ただやっぱり自分は人工甘味料と砂糖の関係には違和感を感じます。
「人工甘味料の使用をやめて、砂糖を使っています」
それが健康的になったのかどうかは、疑問が残ります。

 

まぁ砂糖のほうが馴染み深いものなので。
砂糖のほうが安心できる人が多いのはわかるんですけどねぇ。

 

「昔から砂糖は摂取しているから大丈夫でしょ」
っていうのなら、話はわかるんですけど。

 

 

いや、人工甘味料もやっぱり体に悪いというか、良い点はほとんどないと思っています。
でも砂糖が健康にいいともまったく思えないので。
「人工甘味料が危険で、砂糖が安全」
なんていう人は、やっぱりそれは人工甘味料を悪く言いたいだけな気がします。

 

実際砂糖ではなく、人工甘味料を使っているおかげで助かっている人だって大勢いるわけですし。
糖尿病の人とかですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ