アレルケアを試すのなら時間を味方につけよう

【アレルケア】時間を味方につけなくてはいけない

アレルケアを試すのなら時間を味方につける

 

アレルケアは即効性があるわけではないので。
時間をかけて、勝負をすることになります。

 

 

テスト勉強を一夜漬けで勝負するのではなく。
テストの結構前から勉強をはじめるのが理想なわけです。

 

 

でもそれが多くの人ができないので。
結果がでない人が多いわけです。

 

 

アレルケアを続けるべきっていうのは。
別にアレルケアを続けなくてもいいんですよ。

 

でも腸に良いことを続けないと結果はでにくいので。
そういうことなんです。

 

 

アレルケアはL92乳酸菌。
なんていう人もいますけど。

 

それは塾の場所みたいなものです。
でもどんなにいい塾に行っても、短期間ですぐに頭がよくなることはないですよね。

 

 

だからL92乳酸菌よりも、時間をかけて勝負することが大事なんです。
L92乳酸菌でなくても、普通の乳酸菌で時間をかけて勝負するのなら。
L92乳酸菌を短期間だけとった人よりも結果はでるはずです。

 

 

そりゃそうですよね。
1か月だけ名門塾に行っただけの人と。
1年かけて家庭学習を頑張った人。
どちらが上に行くのかというと、後者なはずです。

 

 

 

 

 

子供は関係ない?

ただ時間を味方につけれるのは大人に限っての話であって。

 

子供はなにもしなくても成長しますから…。
ぶっちゃけ、あまり関係ないのかもしれません。

 

 

違和感を持つ人がいるかもしれませんが。
子供向けサプリなんてほとんどありませんよね。

 

あるとしても、カルシウム系のものかな。
セノビックとかそういう系だと思います。

 

 

それは子供はなにもしなくても健康というか。
免疫力が整っていく時間なので、なにもしなくてもよくなっていく可能性があります。

 

 

なのでアレルケアを飲むのもいいんですけど。
ぶっちゃけ、アレルケアを飲まなくても、時間の経過でよくなっていく可能性が高いかと。

 

 

大事なのはアレルケアを飲むことではなく。
時間の経過ってことですね。

 

人間は自然治癒力があるので、時間の経過でよくなっていくのが普通なわけで。
時間が経過してもよくなっていかないのなら。

 

それはどこかに原因があるわけで。
その原因を見つけたほうが早いかと。

 

 

 

 

 

時間は短いようで長い

アレルケアを
「最低でも3か月飲んでください」
なんて言われると。

 

「3か月ぐらい一瞬でしょ」
と思うかもしれません。

 

 

でも3か月というのは結構長いです。
ぶっちゃけ1か月でも、そういうのって長いものなんです。

 

 

だから時間を味方につけるというのは難しいというか。
どうしても人間
【短期で結果を出したくなる】
ものなんです。

 

 

そして短期で結果を出すことに美学を感じるというかな。

 

漫画やアニメもそうですよね。
落ちこぼれな感じの人物が、短期間で結果を残したりしますけど。
そういうのは普通に考えればありえないわけです。

 

 

短期間で結果を残す主人公より。
昔からがんばってきたわき役のほうが上に行くのが普通なんです。

 

でもどうしてもそういう短期で結果を残すことが格好良くみえて。
多くの人はそういうのを望みます。
それが楽だっていうのもあるのだと思います。

 

 

長く続けることはつらいことです。
それはアレルケアを続けることでも同じだと思います。

 

 

でも結果を出したいのなら
【時間を味方につける】
ってことは大事なことです。

 

元から短期での勝負をあきらめ。
長期で勝負をかければいいんです。
そうすることで、勝率はあがるはずです。

 

 

どうしても短期で勝負したいというか。

 

アレルケアを飲んで、1日で
「あれ?よくなっていない。ダメだこれ!」
と決めつける人もいます。

 

 

アレルケアを飲んで、すぐに結論を出すのではなく。
長期で考えて結論を出さないといけないです。

 

本当は本人もわかっているはずなんですけど。
人間は諦めたがるというか。
続けることをめんどくさがって、やめる理由を見つけたがるんですよね。

 

 

いや、そういうものなんですよ。
だからアレルケアってそんなにいいものでもないというか。

 

そもそもアレルケアってL92乳酸菌を摂取しているだけで。
そこまですごいものでもないので、即効性があるはずないんですよ。

 

即効性を感じた人は、精神的ところから来ているのかと…。
人間調子が悪くても医者から
「問題ありません」
なんて言われたら元気になるものですから。


ホーム RSS購読 サイトマップ